LINDA Watch

お金のことを中心に生活に役立つ情報を発信しています

個人事業主で起業する

個人事業主で開業する方法 開業する場合、「開業届を税務署に提出する」のみです。 どこの税務署に提出するかですが、自宅を事務所として開業する場合は、自分の住所の地域を管轄している税務署に提出すれば大丈夫です。 税務署の所在地の確認サイト もう少し詳しく見てみましょう 屋号を決める 屋号*を決めましょう。(決めなくても良いのですが、気持ちの問題です) *屋号とは、いわゆる会社名みたいなものです。自分の […]

起業するネタで困ったら

起業したいが・・・ 起業したいと思ってはいるが、どんな事業をしたら良いか分からないという人が多いのではないでしょうか。 そもそも、なぜ起業したいか・・・ いまの会社の仕事がつまらない。人間関係がうまくいっていない。このままだらだらと歳をとっていくのもいやだ。将来が見えない、、、などでしょうか? あるいは、自分の趣味や特技を生かして起業したい、起業してもっと稼ぎたい、自分の能力を試したい、、、などで […]

中古市場で商売する古物商とは?

古物商で起業する 古物商と聞いてどう思いますか? 昭和の匂いがする。 骨董屋(こっとうや)でしょ? 質屋と違うの? など、思われる方もいるかもしれません。 古物商とは、「リサイクルショップ」、「金券ショップ」、「中古車販売」、「中古パソコンショップ」、「中古スマホショップ」など、聞いたことがあると思いますが、これらを営む業者や個人のことです。 上記のようなショップは、主に中古品(古物)を仕入れて誰 […]

ここまでできる「家族信託」

家族信託という言葉を聞いたことがあるでしょうか? あまりなじみがない人も多いと思います。 そもそも信託ってなに? 信託とは? その言葉の通り、「信じて託す(たくす)こと」ですが、信託という名前で思いつくのは? 投資信託、信託銀行くらいでしょうか? 投資信託は、投資家(みなさん)から集めたお金を運用の専門家(ファンドマネージャ)に託して株式や債権などに投資・運用してもらうことです。 信託銀行は、一般 […]

人が亡くなった時に受け取れるお金は?

身近な人が亡くなった時 悲しみにひたる間もなく葬儀の段取りや役所への手続きと大変忙しい時間を過ごすことになります。 当然、お金も必要になるでしょう。葬式代、火葬代、病院の支払いなど。。。 人が亡くなったときに受け取れるお金の多くは請求手続きが必要です。 ひとつづつ見ていきましょう。 生命保険金(死亡保険金) 亡くなった人が加入していた生命保険会社がわかる方は、電話などで保険会社に連絡しましょう。 […]

家賃支援給付金について!

家賃支援給付金の情報が更新されました。 7月14日(火)から申請受付が始まります。 申請受付ページはまだ準備中とのことですので、情報が更新され次第、ブログでもアップしていきます。 現在の最新情報は、経済産業省のこちらのページを参照くだしさい。 また、J-Net21でも情報が更新されていますのでご参考までに記載しておきます。 以下は、以前の情報になります。 持続化給付金と合わせて発表されていました […]

【持続化給付金】2019年に開業した個人事業主はいくらもらえるのか?

2019年に開業した個人事業主 先日、親しい知人から連絡がありました。 昨年(2019年)の6月に開業したんだけど持続化給付金ってどれくらいもらえるのか教えて欲しいとのことでした。 話を聞くと、昨年6月に開業届と青色申告を提出しており、今年の2月に確定申告も終わっているとのこと。 さらに、今年の5月の売上は0(ゼロ)とのことでした。 2019年新規開業特例 今回の持続化給付金は、2019年に開業し […]

遺族年金以外でもらえるお金は?

年金は払っているのに 遺族基礎年金が要件に満たなかった。いままで払ってきた年金は掛け捨てになるの? もし、このような場合、もらえるお金ってあるのでしょうか。 寡婦年金(かふねんきん) 受給条件 第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上(注)ある夫が亡くなった時に、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻に対して60歳から65歳になるまでの間支給されます。 […]

遺族年金はいくら受け取れる?

遺族年金とは? 亡くなった方に生計を維持されていた遺族が受け取ることができる年金です。 特に親族が亡くなった際は、多くの手続きが必要になることもあり、遺族年金の請求もれが発生しやすいとされています。 遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があり、亡くなられた方の年金の加入条件により、いずれかまたは両方の年金が支給されます。 遺族年金を受け取るには、亡くなられた方の年金の納付状況、遺族年金 […]

身近な人が亡くなったとき。手続きガイド 2

人が亡くなってから14日以内にやらなくてはならないこと 葬儀も終わってようやくいち段落ついたところでも、いろいろと手続きが必要になります。 健康保険等の資格喪失手続き 国民健康保険の場合、資格喪失届を14日以内に役所に提出します。 また、亡くなった方が75歳以上のときは、後期高齢者医療制度に加入されていますので、後期高齢者医療資格喪失届も提出します。 健康保険(会社員、公務員)の場合、お勤め先に確 […]

CATEGORY カテゴリ最新記事