身近な人が亡くなったとき。手続きガイド 2

人が亡くなってから14日以内にやらなくてはならないこと

葬儀も終わってようやくいち段落ついたところでも、いろいろと手続きが必要になります。

健康保険等の資格喪失手続き

国民健康保険の場合、資格喪失届を14日以内に役所に提出します。

また、亡くなった方が75歳以上のときは、後期高齢者医療制度に加入されていますので、後期高齢者医療資格喪失届も提出します。

健康保険(会社員、公務員)の場合、お勤め先に確認しましょう。会社側で手続きを行う場合が多いです。

もし、会社側から自分で手続きをするように言われた場合は、加入していた健康保険組合や協会けんぽに確認しましょう。

年金事務所でも手続きできることもあります。

介護保険の資格喪失手続き

65歳以上の方、または 40歳から64歳未満で介護保険被保険者証を持っている方が亡くなった場合、介護保険資格喪失届を役所に提出し、被保険者証を返却します。

役所窓口で必要なもの

  1. 死亡届(死亡を証明する書類)など
  2. 保険証
  3. 各種 資格喪失届(窓口でもらう)
  4. 届出人の本人確認書類(マイナンバーカード、免許証、パスポートなど)、印鑑

世帯主の変更手続き

亡くなった人が世帯主だった場合、14日以内に住民異動届(世帯主変更のため)を役所に提出します。

なお、国民健康保険の場合は、加入している世帯全員分の保険証を持参してください。

年金を受給している人が亡くなった場合

受給停止の手続きが必要になります。「年金受給権者死亡届」を提出します。

国民年金の場合:14日以内

厚生年金の場合:10日以内

なお、日本年金機構にマイナンバーを登録している方は、「年金受給権者死亡届」が省略されます。

詳細は、日本年金機構のHP 「年金を受けている方が亡くなったとき」を参照ください。

日本年金機構 HPより

なお、亡くなった方の年金は、亡くなった月の分まで受け取れます。まだ、受け取っていない方は、年金事務所に連絡しましょう。

まとめ

健康保険、介護保険の喪失手続きは、亡くなってから14日以内に手続きをしましょう。

年金を受給している方が亡くなった場合

厚生年金加入の場合:10日以内

国民年金加入の場合:14日以内

に手続きをしましょう。

最新情報をチェックしよう!

相続の最新記事8件