起業するネタで困ったら

起業したいが・・・

起業したいと思ってはいるが、どんな事業をしたら良いか分からないという人が多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ起業したいか・・・

いまの会社の仕事がつまらない。人間関係がうまくいっていない。このままだらだらと歳をとっていくのもいやだ。将来が見えない、、、などでしょうか?

あるいは、自分の趣味や特技を生かして起業したい、起業してもっと稼ぎたい、自分の能力を試したい、、、などでしょうか?

ネガティブ思考からの起業、ポジティブ思考からの起業など、どちらもあると思いますが、個人的にはどちらでも良いと思います。

もし、今の自分を変えたいと思っているのであれば、ひとり起業をやってみませんか。

人生の大切な時間を無駄にしないためにも前に進みましょう。まずは行動を起こし、とにかくやってみる!

この精神が大事だと思います。

起業するにあたり

一番大事なことは、自分が健康でいることです。

事業を始める準備段階から、体力的、精神的に健康であることが大事です。

私の場合、毎朝、散歩を兼ねたジョギングとウォーキングを1時間程度やっています。

起業のネタで困っているあなた

毎朝のジョギング、ウォーキングでいつもヘッドホンで聞いているが、podcastです。

podcastで「起業」と検索すると、結構な数の一覧がでてきますので、良さげなものを聞いてみてください。

起業のネタの参考になるものがかなりあると思います。

起業セミナーの講師さんのpodcastが無料で聴けておすすめです。

起業する分野は?

「社会のニーズ(求めていること)」、「自分がしたいこと」、「自分ができること」の3つの円が重なったところで決めましょう。

一度、紙に「自分のしたいこと」から書き出してみましょう。

「自分ができること」や「社会のニーズ」に関しては、自分で考えたあと、家族や友人や知人にも相談しながら書き出してみることもおすすめです。

特に「自分でできること」に関しては、自分で無意識に行っていることもあり、気がついていないケースもあります。要は、やっていて苦にならないことって自分では気がついていないことが多いです。

また、時代の流行に流されるものではなく、10年後、20年後も長続きできるか考えてみましょう。

ビジネスの提供価値

「社会のニーズ」「自分のしたいこと」「自分ができること」の3つの円との重なり部分が見えてきたら、それが商品やサービスで提供できるか考えましょう。

  1. 何を売るのか
  2. 誰に売るのか(顧客ターゲット)
  3. いくらで売るのか
  4. どこで売るのか

世の中、売れるものは無数にあります。ただし、自分が売る商品やサービスをお客さんが購入するには、購入する理由が必要になります。

商品に付加価値を付けると、買ってくれる層が違ってくることや、価格も高く売れることもあります。

特にサービスを販売する場面で多くみられます。

誰に、何を、どのように売るのかを書き出して検討しましょう。

最新情報をチェックしよう!

起業するの最新記事8件